まんごくのブログ。

感じたこと呟きます

世界の1パーセントに入るための力の伸ばし方

 

f:id:gokugoku59:20171222230704j:plain

うっすゴクです!
12月10日にハワイで行われたホノルルマラソンに出場してきました!
世界各国から4万人以上の参加者が集う中、マンゴクも日本代表としてマラソンに出場してきました!!


9月上旬にノリでホノルルマラソン出場を決め、何となく4時間を切ることを目標にしていました。
そして、当日。なんと目標を上回る3時間27分でゴールすることができました!
完走者20351人中、235位!!!
世界の1.2%に入ることができ、満極尚輝の名を刻んだ。笑

f:id:gokugoku59:20171222210805j:plain


 
さて、今回はなぜ僕がマラソンで結果を残し、世界の約1%に入れたかを書いていきます。
 

 

 

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

 

 

ひたすら目標を言う



マラソン出場を決めてから、4時間で走り切るという目標を決め、ホストファミリーや友達にひたすら言いました。その目標がどんどん多くの人に知れ渡って、達成出来なかったらカッコ悪いという焦燥感に駆られ始めます。 
でも、9月から突如ハマった筋トレばかりを優先してしまい、11月中旬から本気で始める結果になってしまいましたが。

gokugoku59.hatenadiary.jp


しかし、本格的に始めれたのも、僕の目標を聞いた友人が『打倒満極』を掲げているという事実を知り、僕に火がついたことがきっかけです。
とにかく、目標を周りに発することは、自分のモチベーションを維持するために非常に効果的です。

また、目標を発することで自分のことを応援や、サポートしてくれる人も出てきます。
僕の場合、初めてのフルマラソンだったので、走り方や当日までの食事の取り方など詳しく教えてくれる人も。
さらには、ホストマザーは食事面において、マラソンのエネルギーとなるスパゲッティを大量に作ってくれました笑

f:id:gokugoku59:20171222230758j:plain



目標を告げることは、間違いなく自分のゴールに近づく助けとなります。

 

 

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

 

 

 

根拠のない自信を持つ

 

この自信が何よりも、ぼくもマラソンの結果を分ける要因だったと思います。実際、マラソン当日まで、4時間切りは絶対できるという根拠のない自信がありました。
当日の2週間前に、自分の練習の中での最長距離である30kmに挑戦して、途中で断念したにも関わらず。。笑

なぜなら、周りにマンゴクなら達成できるとか、長距離速いななど言われており、それ等をそのまま信じて自信にできたからです。単純か。笑
最近思うんだけど、他人から指摘される自分の才能はだいたい正しく、自分では気付いていない場合が多い。
だから、他人のアドバイスを経て自分の才能を認識し、根拠の無い自信を持ち、伸ばしていけば、自分が想像もしていなかった新たな力を得れるんじゃないかなと思います。

 

根拠の無い自信とは、高校の部活の顧問が言っていた言葉なのですが、今になってその言葉の意味が分かった気がします。

これら2つの要素と1ヶ月の集中的な特訓が結びつき、世界の1.2%に入れたと言っても過言ではないです。

少しでも才能を認識したら、あとはひたすら伸ばすことに注力することが何よりも大切。

 

JUST DO IT

やはり動き始めないと何も始まらん。とにかく、何か感じるモノを見つけたらトライして自信を持って続ける!そしたら、何かしら得る物があるはず。

 

いつか、マラソンの当日とか練習とかもまた書いていこうと思います!では!

 
 

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0